大阪市西区の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

フッ化物の全身応用と局所応用

      2017/03/17

虫歯予防におけるフッ化物利用法には、全身に作用する全身応用と歯の表面に作用する局所応用があります。全身応用は、水道水フロリデーションをはじめ、フッ化物錠剤、フッ化物添加食塩などです。一方、局所応用には、フッ化物配合歯磨剤、フッ化物洗口、フッ化物塗布が挙げられます。
 水道水フロリデーションが実施されている国では、生まれた時より水道水から適切なフッ化物を摂取(全身応用)できるので、虫歯にかかりにくい歯が育ちます。しかし日本においては、フロリデーションが未実施であり、フッ化物を摂取できる錠剤も販売されていません。ですから、歯が生え始める時期(生後6ヶ月)から高齢者(歯が1本でも残っている場合)まで、フッ化物配合歯磨剤やフッ化物洗口剤を工夫して使用することになります。


天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
上本町プラザ歯科
https://uehonmachi-plaza-dc.jp

西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
新町プラザ歯科
https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


TOP