大阪市(西区・天王寺区)の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町・上本町・プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

女性ホルモンとオーラルケア Vol.3

      2017/03/17

妊娠出産期には、約30〜70%の人に歯肉炎がみられるとの報告があります。症状としては、軽度の炎症から重度の歯肉増殖、知覚過敏、出血を伴うものまで様々ですが、これは、妊娠によって起こる女性ホルモンや免疫応答の変化などが、歯周組織に過剰な影響をもたらすためだと考えられています。また、食事の好みの急激な変化や、つわりによる嘔吐の繰り返しなどで、口の中のphが低下して、虫歯発生のリスクが増大する可能性も指摘されています。妊娠期は、吐き気や体調不良を起こし歯磨きがしづらい状態になったり、出産後は、赤ちゃん中心の暮らしになり自分自身へのケアがおろそかになりやすい時期でもあるので、液体うがいを効果的に活用するなど、手軽に無理せず、口内環境を常に清潔に保つよう心がけることが大切です。


天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
上本町プラザ歯科
https://uehonmachi-plaza-dc.jp

西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
新町プラザ歯科
https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


TOP