大阪市西区の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

むし歯はどうやってできる?

      2017/03/17

歯の表面についたプラーク中のむし歯菌は、砂糖などの炭水化物を分解して酸をつくります。その酸によってプラークの中、つまり歯の表面は酸性になり、カルシウムが溶け出します。これを脱灰と言います。酸は唾液の作用によって中和され、再びカルシウムが歯の表面に戻ります。これを再石灰化と言います。歯の表面では、つねにこの脱灰と再石灰化が繰り返されています。頻繁に砂糖などを撮り続けていると脱灰が進み、歯の表面が柔らかくなり、最後には穴が開いてむし歯ができます。
 むし歯菌は常在菌といって誰でもお口の中に持っています。ただ、むし歯菌がいればすぐにむし歯になるというわけではありません。むし歯菌のエサとなる砂糖や炭水化物があって、時間が経過することで初めてむし歯ができます。しかし、歯の表面がフッ化物で強化されていたり、唾液の酸を中和する能力が高かったりすれば、むし歯の発症は防げます。このように、むし歯はたくさんの要因が影響して発症するのです。


天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
上本町プラザ歯科
https://uehonmachi-plaza-dc.jp

西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
新町プラザ歯科
https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


TOP