大阪市(西区・天王寺区)の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町・上本町・プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

歯ぎしりで起こる怖いこと 歯を守るマウスピース Vol.3

      2017/03/21

  • 前回の記事(Vol.1)はこちら
  • 前回の記事(Vol.2)はこちら


  • 5、詰め物が取れる、割れる


     入れたばかりであっても歯ぎしりの強い力で、取れたり、割れたりすることもあります。



    6、歯がわれる


     歯ぎしりによって歯の表面がかけたり、根元まで割れることがあります。特に神経を取って年数がたつと、歯からみずみずしさが失われ枯れ木の様に割れやすくなります。この様な歯に大きな力が加わると、歯根まで割れてしまい抜かざるを得なくなってしまいます。



    7、顎が痛くなる


     歯ぎしりによって顎の関節が痛くなることもあります。顎関節には関節円盤という軟骨があり、顎をスムーズに動かす役に立っています。これが歯ぎしりの力で傷ついたり、位置がずれたりすると顎がスムーズに動かなくなり、顎が痛くなったり、音がなったり、開きにくくなったりします。



    8、肩こり


     歯ぎしりで筋肉が緊張し、肩がこることもあります。噛むときに使う筋肉は、肩や首、頭の方まで関係しているためその筋肉が緊張すると肩や首筋が凝ったりします。



    9、偏頭痛


     歯ぎしりの時に緊張する筋肉の中に顎から頭の横に繋がっているもの(側頭筋)があり、これが緊張すると偏頭痛を起こすことがあります。


    天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

    大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
    近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
    上本町プラザ歯科
    https://uehonmachi-plaza-dc.jp

    西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

    大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
    地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
    新町プラザ歯科
    https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


    TOP