大阪市(西区・天王寺区)の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町・上本町・プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

しみる!知覚過敏? もしかして虫歯?

      2017/03/17

冷たいもの、熱いもので歯がしみる

 甘いもの、すっぱいもので歯が」しみる

 歯ブラシの毛先が歯根にあたると痛い

 
 以上が知覚過敏の症状ですが、虫歯でもおなじような症状がでることもあります。ひとつの目安としては、しみる痛みが飲んだり食べたりした後、数秒程度で治まり、歯肉が下がって歯の根元が露出していれば、知覚過敏の可能性が高いです。が、虫歯の可能性もありますので、はやいめの歯科受診をおすすめします。

 知覚過敏の治療法

 1、知覚過敏用歯磨き粉
  治療というより自宅での対処法ですが、テレビCMでも有名なシュミテクト等の歯磨き粉を使用す
 ることです。硝酸カリウムという薬用成分が露出した象牙細管をカバーし、しみにくくなる効果が期待できます。2週間ほどで効果がでることが多いですが、必ず効くとはかぎりません。

 2、薬剤塗布、コーティング材、レジン充填
  歯根表面に薬をぬりこんだり、コーティング材でカバーしたり、また歯の付け根がくびれたようにく
 ぼんでいる場合は、レジンという歯によく似た色のつめものをすることもあります。

 3、マウスピース
  知覚過敏の直接の治療ではありません。知覚過敏は歯肉が退縮すると起こりやすいのですが
 歯肉退縮の原因は

 加齢による生理的変化
 歯ぎしり、くいしばり
 過度な歯ブラシ圧
 歯列不正
 歯周病

 などがあります。、
 なかでも、歯ぎしりは大きな原因のひとつで、歯ぎしりを完全に治すことはできませんが、眠る
 時に、マウスピースを装着することで、歯ぎしりによる害をかなり小さくすることができます。歯ぎ
 しりされる方には、マウスピースをおすすめします。

 4、歯周治療
  歯周病のため、知覚過敏が起こったり、強くなっている場合は当然歯周病の治療が必要にな
 ります。歯石をとると一時期、しみるのがひどくなることがありますので、少しずつ、根気強く、歯
 周病と知覚過敏の処置をあわせてしていかなくてはなりません。

 5、神経をとる
  通常、知覚過敏のために神経をとることは、滅多に行いません。長期的には歯にプラスとはな
 らないからです。が例えば、歯周病が進行していて歯根露出が大きくしみる度合いが大きく、薬
 を塗っても治らない場合などは神経をとって痛みをなくします。治療をしても弱りやぐらつきは治
 りませんが、しみる症状は完全になくなります。

  以上ですが参考になったでしょうか?知覚過敏であれば、程度が軽ければ必ずしも治療は
 必要ではありませんが、しみる原因が虫歯の可能性もあるので、異常を感じたら、できれば、早
 いめに御来院ください。


天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
上本町プラザ歯科
https://uehonmachi-plaza-dc.jp

西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
新町プラザ歯科
https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


TOP