大阪市西区の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

口臭の原因と適切な対処方

      2017/03/17

口臭の原因
 口臭のほとんどが口のなかが原因です。口の中にいる嫌気性細菌が、唾液、血液、古くなった細胞、たんぱく質などを分解して、臭いの元である硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物(VSC)を産生することにより、口臭が生じます。口臭はVSCを増やす原因により生理的口臭及び病的口臭に分けられます。
 以下は、口臭原因を探る項目です。
1、口のなかがパサパサしている
2、仕事などでストレスを強く感じている
3、舌の表面が白い
4、歯、詰め物や入れ歯の表面を舌で触るとザラザラしている
5、歯茎が腫れたり、血が出たりする
6、グラグラ動いている歯がある
7、穴のあいた歯や詰め物が取れたままになっている歯がある

1、2、3、のいずれかの項目のみに当てはまる方   生理的口臭の可能性
少なくとも4〜7、または複数の項目に当てはまる方  病的口臭の可能性

 予防(生理的口臭)
1、唾液分泌を増やす
 唾液分泌量が少ないと、細菌が増殖しやすくなり口臭が発生します。唾液が多く出るように以下のことを心がけましょう。

 食事の時、よく噛むこと
 ガムを噛んだり、歯磨き、うがいで口腔粘膜を刺激する
 リラックスすること 自律神経の働きで緊張すると唾液量が減ります
 唾液腺を刺激する 頬の内側を伸ばすように、左右の頬を指で数回こする 舌を左右に動
 かす
2、舌磨き
 1日1回朝に舌磨きを行う。必ず専用の器具を使い、舌を傷つけないように
3、洗口剤
 コンクール、またはリステリンがオススメです。

 予防(病的口臭)
 主な原因は歯周病で、大きな虫歯も食べかすがたまるため口臭の原因になりえます。いずれにせよ、歯科医院で診察を受け適切な治療を受けましょう。
 お口の中以外に原因がある時、副鼻腔炎、肝臓病、腎臓病などが原因で口臭が強くなることもあります。その可能性がある時は耳鼻科、内科等を受診してください。


天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
上本町プラザ歯科
https://uehonmachi-plaza-dc.jp

西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
新町プラザ歯科
https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


TOP