大阪市西区の歯医者・歯科なら痛みの少ない治療の新町プラザ歯科

プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科
プラザ歯科|大阪市(天王寺区)の歯医者・歯科

歯ぎしりで起こる怖いこと 歯を守るマウスピース Vol.2

      2017/03/21

歯ぎしりによる歯のダメージ
1,歯の根元がどんどん削れていく
 歯ぎしりにより強い力が歯の根元に加わると、エナメル質と象牙質の間に応力が集中し、歯が削れたようにすり減っていきます。神経がダメージを受け、知覚過敏を起こしたり、神経が腐ってしまうこともあります。

2,歯のかみ合わせ面がどんどんすり減っていく
 かみ合わせ面があまりにすり減ると、やはり知覚過敏を起こしたり、神経が炎症を起こすこともあります。

3,歯を支えている骨が痩せていく
 歯ぎしりにより歯が揺さぶられると、歯を支えている骨が溶けて歯周病が進行することも多いです。歯ぐきが痩せて歯が長くなり、知覚過敏を起こすこともあります。

4,噛むと痛い
 歯根の周りには歯根膜という組織があります。歯ぎしりによりこの膜に強い力がかかると噛んだ時の痛みとして感じます。


Vol.3に続く


天王寺区の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市天王寺区上汐4丁目1−33 フェンテ上汐1F
近鉄 上本町駅・地下鉄 谷町九丁目駅から徒歩5分
上本町プラザ歯科
https://uehonmachi-plaza-dc.jp

西区の方の歯医者をお探しの方はこちら

大阪府大阪市西区新町2丁目1−5 カセッテイ新町1F
地下鉄 西大橋駅から徒歩4分
新町プラザ歯科
https://www.plaza-dc.jp/shinmachi.html


TOP